<インタビュー>「チョナン・カン」7年目、草なぎ剛 
 SMAPが解散したら韓国に留学に来たいです。ぼくも韓国で暮らしてみたい――。韓国に深い愛情を持ち、何度も訪韓している日本のトップアイドルSMAPのメンバー・草なぎ剛が、フジテレビの人気番組「チョナン・カン2」の撮影でソウルを訪れた。14日にソウル市内のホテルで行った記者懇談会でも、流ちょうな韓国語で「こんにちは、お会いできてうれしいです」とあいさつした草なぎは、韓国語と日本語を織り交ぜながら、自身の韓国への愛情を熱心に伝えた。以下は一問一答。
――番組でインタビューする俳優を選ぶ基準は? 

「個人的に関心を持っている人については、自分が意見を出す。スタッフや周りの人からの推薦もある。その時々の雰囲気で決めるが、日本での韓流プロモーションの日程と合わせることが多い」

――番組を韓国語で進行することに対し、日本の視聴者に拒否反応はなかったか。

「最初は(番組を)こんなに長くやるとは思ってもみなかったが、もう7年になる。もともとこの番組はSMAPのメンバーが交代で担当していたのもので、(1人のメンバーの進行で)1~2年以上続くはずではなかった。関心が集り、そこに韓流ブームが起き、自分も一生懸命やっていたらここまで来た」

――俳優への質問は自分が考えるのか。

「自分が気になっていること、会って急に思い浮かんだことも質問する。無理に楽しませようとはせず、自然な面を引き出そうと努力している」

――インタビューが難しかった俳優は。

「アン・ソンギさんに会ったときはとても緊張した。日ごろから尊敬する、とても会いたかった人なので。女優ではイ・ヨンエさんとソン・イェジンさんが緊張した。チャ・スンウォンさんとキム・ソナさんのときは人間的な魅力を強く感じた」

――今、注目している韓国人俳優は。

「とてもたくさんいる。韓国映画が大好きなので、(俳優たちを)心から尊敬している。今、1番会いたいのはチェ・ミンシクさん、ソン・ガンホさん」

――韓国映画に興味を抱くようになったきっかけは。

 YONHAP NEWS

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()