人気5人組グループの「TOKIO」が、新曲でシンガー・ソングライターの長渕剛(51)と初コラボを組むことが27日、発表された。今回、長渕が書き下ろした「青春(SEISYuN)」(11月21日発売予定)は、男の魂を込めたロックナンバー。長瀬智也(28)が主演するTBS系ドラマ「歌姫」(10月12日スタート、金曜・後10時)の主題歌にも決まり、異色のタッグが、この秋を熱く盛り上げそうだ。

 テレビや映画でも幅広く活躍する国民的人気グループと、孤高のシンガー・ソングライターが、熱き血を通わせた。

 長瀬がかねてから心酔し、今年1月に松岡昌宏(30)が主演したショー「太陽の船」の同名主題歌も手がけた音楽界のカリスマに、TOKIOから熱烈ラブコール。4年ぶりのアルバム「Come on Stand up!」を引っさげアリーナツアー中の長渕も5人の熱意に応え、魂の叫びをミディアムテンポのロック「青春(SEISYuN)」に込めた。

 「-負けた者たちの泣き言は ひとひらの枯れ葉さ 信じるのさ 永遠と未来と明日を」長渕の思いは、作詞・作曲だけにとどまらない。多忙なツアーの合間に何週間もスタジオに入り、TOKIOの魅力を最大限に引き出すため、デモテープを繰り返し改良。最初に送ったデモテープには、メンバーあてに肉筆の手紙まで添えた。

 主演ドラマの主題歌ともなる長瀬は「ずっと一人の男として尊敬していた長渕さんに、楽曲を提供していただけたことが素直にうれしい。自分も表現者の一人として、長渕さんのデモテープを何度も何度も繰り返して聴き込み、この曲をプレーしたいと思いました」。しっかりと熱い魂を受け継いだ。現在は完成に向け、レコーディングを始めたばかり。松岡は「曲を聴いて、長渕さんが伝えたいことがとてもまっすぐだと感じました。ライブでプレーする時も小細工なしで、ストレートにプレーしたい」と、来年にも開催が期待されるライブでの“直球勝負”を願った。 

 スポーツ報知


modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()