ジャニーズ所属の生田斗真(22)が24日、都内で行われた主演舞台「ヴェローナの二紳士」の制作発表に出席した。劇作家シェークスピアの第1作と伝えられている喜劇で恋愛と友情の葛藤(かっとう)を描く。シェークスピア作品初挑戦の生田は「すごく分かりやすい話。シェイクスピアと聞いて感じる敷居の高さを取っ払いたい」と話した。

 音楽活動に熱心な同事務所の中で音楽とは一線を画し俳優業を軸にする1人。96年に同事務所入り。ジャニーズJr.と呼ばれるレッスン生時代に先輩グループのバックダンサー経験も積んだが、特定グループに所属せず、単独でドラマや舞台に出演し続けている。この日も共演者の柏原収史や西原亜希が気負いや不安を明かす中で「舞台は連係プレー。チームワークを大切にして作品の完成度を高めたい」と話すなど舞台経験の豊富さを感じさせた。

 人気グループが目立つ傾向にある同事務所だが、佐野瑞樹(33)風間俊介(24)長谷川純(21)らデビュー以来、単独活動を続けるタレントも実は多い。舞台主演が2度目、連続ドラマにも出演中の生田は現在、その先頭を走る存在だ。 


 日刊スポーツ 

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()