関ジャニ∞の安田章大(23)が日テレ系ドラマ「ヤスコとケンジ」(土曜・後9時)の第5話(9日放送)にゲスト出演し、同グループの大倉忠義(23)と連ドラ初共演することが1日、分かった。

 安田が演じるのは、エリカ(広末涼子)の弟・純(大倉)の小学校時代の同級生・山田幹夫役。大学受験を控えた予備校で、自分より成績優秀な純に嫌がらせをするため、ケンジ(松岡昌宏)の妹で純に片思いをするヤスコ(多部未華子)の気持ちを利用し、純とヤスコの間をかき乱す。

 嫌みで腹黒い高校生の役作りのため、髪も金髪から黒に変えた安田は「(役柄が)あまりにも嫌すぎて楽しいです(笑い)。それが視聴者に伝わればと思います」。大倉との連ドラ初共演に「素直に楽しい。いつも一緒にいるメンバーと仕事できることは、いい経験になります」と刺激を受けている。


 「友達が急に仕事場に来たという感じ。なんだか不思議な感覚です」という大倉も「純が中心となって動く回だと思うんですが、安田の“悪い笑顔”にも注目です。実はそういう子なんだというところを見てほしいです」と冗談交じりに話している。

 スポーツ報知

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()