タッキー&翼の今井翼(26)が、昨年に続くソロ公演「World’s Wing 翼 Premium 2008」(企画・構成・演出/ジャニー喜多川)を8月に大阪、10月に東京で開催することになり25日、都内で製作発表を行った。ダンスをテーマにした2部構成。前回も話題になったフラメンコをブラッシュアップさせるなど、ダンス巧者の魅力を全開させる。

 翼が、得意のダンスで再びファンに熱いステージを届ける。

 昨年に続くソロ公演第2弾で、2部構成のダンスエンターテインメント。1部は1つのストーリーをせりふなしにダンスと歌のみで表現。2部はフラメンコ、ジャズやバレエ、ロックダンス、アフリカンダンスなど、さまざまなジャンルのダンスを披露する。

 中でもフラメンコは注目。前回は4分間だったが、今回は10分間にグレードアップする。そのための準備も万端だ。3月から4月にかけて10泊12日の日程で、本場スペイン・アンダルシア地方のセビリアを単身訪問。現地でレッスンを重ねた。


 「街中で真夜中にショーウインドーの前で踊ってみたり。毎日がフラメンコの勉強でした。体もそうだし見て覚えることもあった。文化に触れて、表現する上で、間違いなく反映されると思う」と前回以上の話題をさらうつもりだ。

 ほかにも、布を体に巻きつけて、つられたり、急降下したり、逆さづりになったりする“布パフォーマンス”に挑むなど、さらに進化したステージを披露する。

 いま連日、けいこに励んでいる。体重は2キロ減った。「今年もこうやって(ソロ公演を)迎えられることがうれしい。踊りはライフワークにしたい。公演が近づくとワクワクしてきます」と瞳をキラリ。「新しい挑戦をして、さらによいものをお届けできるように頑張っていきたい。昨年以上のダンスエンターテインメントショーをお届けできたら。見逃さないでほしいところ? 全部です」と表情をキリッとさせ、情熱的なステージを約束した。

 ちなみに、スペインで情熱的な女性との出会いは?と質問されると、「残念ながら全くなかったですね」と苦笑い。「情熱的な人はいいですよね。ただ情熱的すぎても…。その中で“わびさび”が効いていないと」と笑わせた。

 サンケイスポーツ

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()