黒沢清(『叫』)、橋口亮輔(『ぐるりのこと』)、内田けんじ(『アフタースクール』)、犬童一心(『ジョゼと虎と魚たち』)、森田芳光(『間宮兄弟』)、塚本晋也(『悪夢探偵』)…と、今の日本映画界を背負う、と言っても過言ではない映画監督たちを選出している「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」。今年、記念すべき30回目を迎えるPFFの核とも言える自主映画コンペティション「PFFアワード」の最終審査員に、SMAPの香取慎吾をはじめとした5名が決定した。

 今回審査員に選ばれたのは、『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』、『西遊記』に主演した香取慎吾、『五条霊戦記』『爆裂都市 / BURST CITY』の石井聰互監督、『敦煌』『男たちの大和/YAMATO』の佐藤純彌監督、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』のプロデューサーである孫家邦、日産自動車『NOTE』のCMやMr.Childrenのアートワークを務めるアートディレクターの森本千絵の5名。この5名が、601本の応募作から選ばれた15本の入選作から、前述した歴代入選者に続く新たな才能を選び抜く。

 7月25日(金)に開催されるPFFアワード2008表彰式には、審査員の5名が登場する。こちらの前売り券は既に完売しているが、当日券に関しては表彰式後のグランプリ上映のみ入場できる整理券を当日16時から配布。日本映画界に、新たな才能が誕生する瞬間を、この目で確かめてみてはいかがだろう。


 なお、7月19日(土)から渋谷東急を舞台に上映されるPFFでは、PFFアワードの入選作のほか、ゴダールやフランソワ・オゾンらが敬愛する巨匠ダグラス・サークの作品や、『カッコーの巣の上で』のミロス・フォアマンの日本未公開作品の特集上映も開催。また、PFF入選監督である松岡錠司監督の入選作『三月』の上映と映画講座も行われ、映画ファンにとっては見逃せないラインナップとなっている。

 『第30回ぴあフィルムフェスティバル』
 7月19日(土)~8月1日(金)表彰式+グランプリ作品上映:7月25日(金)16:30~ 

 @ぴあ

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()