ジャニー喜多川社長のお気に入りメンバーを集めて01年に結成、翌年5月にはシングルCDを発売し、冠番組『Ya-Ya-yah』(テレビ東京)を持つなど、猛プッシュを受けていたJr.内ユニット・Ya-Ya-yah。

 KAT-TUNなきあとのJr.を支え、次期デビュー候補として期待された彼らだが、4人のメンバーのうち薮宏太、八乙女光だけが昨年11月、Hey! Say! JUMPとしてデビューしてしまった。

 

「Ya-Ya-yahファンの間では、残された2人のメンバーとグループ自体の今後を心配する声も上がっていました。そんな中、メンバーのひとりである鮎川太陽が事務所を退所したようです。正式に発表がなかったが、11月末日で、携帯公式サイト『ジャニーズウェブ』上にあった鮎川の着信ボイスが消滅。


 雑誌やテレビ番組の収録にも参加しなくなり、それと同時に、同サイトからグループ名も削除されました」(ジャニーズに詳しいライター)

 これは、Jr.が消えていくときの典型的なパターン。ちなみに、もうひとりのメンバーである山下翔央は、Jr.として活動を続けていく模様。彼の場合は弟もJr.であり、兄弟ユニットの結成を期待するファンもいるが、「今回デビューを逃したとなると、年齢的にも次は厳しい」(同)と見られている。

 同じようにメンバーの半分がHey! Say! JUMPとしてデビューしてしまったJ.J.Expressも、雑誌などからグループ名が消え、事実上の解散となった。

「Jr.にとって、参加ユニットの消失は死活問題。03年にNEWSがデビューした際も、メンバー供給源となったFOUR TOPS、K.K.Kityという2つのJr.内ユニットが解散に追い込まれ、残されたメンバーの仕事量も激減しました。そのまま飼い殺しにされることを考えれば、鮎川のようにキッパリ進路を変えるのも、英断かもしれませんね」(同)

 一時は栄華を極めたグループも、消えゆくときはなんとも儚いもの。これも、使い捨てが当然なJr.の宿命なのだろうか?
(竹辻倫子・平松優子/「サイゾー」3月号より)


 日刊サイゾー マスコミの裏を読む!体制の裏をかく!![日刊サイゾー]

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()