人気デュオ、タッキー&翼が新曲「恋詩-コイウタ-」(6月4日発売)に合わせ、本人出演によるドラマを制作したことが23日、分かった。滝沢秀明(26)、今井翼(26)の2人は平成17年のNHK大河ドラマ「義経」以来の共演で、初回限定版の特典DVDに収録。過去にドラマ仕立てのプロモーションビデオは多数あるが、完全なドラマは音楽業界初で、画期的な企画として話題を呼びそうだ。

 タキツバが、業界初の“お宝”をファンに届ける。「恋詩」をモチーフにした20分のショートドラマで、新曲の魅力を多面的に伝えるハートウォーミングな物語だ。

 滝沢は、ある女性を見守り続ける天使、翼はその女性と幼なじみの青年を演じた。2人の共演は3年ぶりだが、“現代劇”では平成14年のデビュー後、何と初めてだ。


 所属レコード会社によると、ドラマ仕立てのPVは数あるものの、本格ドラマを特典につけるのは初の試み。ファンへのプレゼントに止まらず、音楽業界にも一石を投じることになりそうだ。

 タキツバは平成18年8月の「Ho!サマー」が、プロ野球・ヤクルトの夏のキャンペーンソングに決定。神宮球場にダンスタイムを設け、場内が一体で盛り上がれる空間を作った。また昨年も、ベスト盤の初回限定版に、47都道府県別のケータイ待受画面をダウロードできるという、史上初の特典をつけた。

 それらに続くビッグな企画。滝沢が「天使役で、どのようになっているかは見てからのお楽しみ!」とコメントすれば、翼も「僕らにも初めての試みとなるドラマをチェックしていただけたら」とアピールした。

 「恋詩」は、15年のシングル「卒業」以来というミディアムバラード。滝沢は「切なくて恋心をうまく伝えきれない男の子の気持ちを歌っています」とPR。翼は「曲が奏でる切なく辛い恋心が沢山の人たちに届くよう、大切に気持ちを込めて歌いました」と代表曲の1つにする意気込みだ。

サンケイスポーツ

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()