12日に始まったSMAPの木村拓哉さん主演の月9ドラマ「CHANGE」(フジテレビ系)の初回平均視聴率が23.8%(関東地区)だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。仲間由紀恵さん主演のドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)の初回視聴率26.4%に及ばなかったが、1、2日に毎日新聞が実施した世論調査の福田内閣の支持率18%は上回った。

 「CHANGE」は、平凡な小学校教師だった朝倉(木村さん)が、政治家だった父の事故死を受け、選挙に立候補。やがては総理大臣になるという物語。共演に深津絵里さん、寺尾聡さん、阿部寛さんら豪華キャストをそろえたが、政治ドラマは視聴率がとれないというジンクスもあり、さしもの木村さんも今ひとつの視聴率だった。


 「ごくせん」は、任侠集団「大江戸一家」のお嬢様の「ヤンクミ」こと山口久美子(仲間さん)が、問題児ぞろいのクラスをまとめていくという物語で、人気ドラマシリーズの第3弾で、お茶の間にすっかり人気が根付いていることが浮き彫りになった。

 毎日新聞

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()