人気グループ「KAT-TUN」の赤西仁(23)が、米映画「スピード・レーサー」(7月5日公開)の日本語吹き替え版の主人公役で声優に初挑戦することが12日、分かった。

 今作は吉田竜夫氏原作のアニメ「マッハGoGoGo」の実写版で、「マトリックス」3部作を手がけたウォシャウスキー兄弟監督の5年ぶりの最新作。真田広之(47)、韓国のRain(25)らが出演し、家族と愛するカーレースを守るため、危険なラリーに挑む天才ドライバーの姿を描く。

 赤西が声を担当するのは、オリジナル版でエミール・ハーシュ(23)が演じた主人公の天才ドライバー。攻撃的かつ本能的で、なにより怖いもの知らず。カーレースのために生まれてきた若者役で「エネルギッシュで無限の可能性を兼ね備える人柄が、日本のスピード・レーサー役に一番ふさわしい」(製作側)と赤西に白羽の矢が立った。

 「映画を見させていただきましたが、これほどのエンターテインメント作品に参加することができて、とても光栄です」と赤西もオファーを快諾。「声優に初めて挑戦する作品があの『マトリックス』の監督作品というのは重みがありますが、楽しく吹き替えをできればと思っております」と早くもアクセルを吹かせている。

 スポーツ報知

 配音阿~~~好有趣:)
 期待捏!!!!


modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()