SMAP・草なぎ剛(33)の2年ぶりの主演舞台となる「瞼の母」(演出・渡辺えり)の通しげいこが9日、東京・世田谷パブリックシアターで行われた。

 昭和5年に発表されて以来、歌舞伎や講談、映画、ドラマなどさまざまな形で上演される名作。幼いころ生き別れた母を無宿の渡世人となって捜し歩く番場の忠太郎(草なぎ)と、母・おはま(大竹しのぶ)の姿を描く。

 草なぎは「所作が難しかった」と言いながらも「学び学びで今日までやってきました。いいけいこができた」と達成感あふれる笑顔。演出の渡辺は「天才的な努力家。集中力がある」と草なぎを絶賛し、大竹も「普段の剛くんはポワンポワンだけど、刀を1人で練習していてすごかった」と努力ぶりを明かした。結果、渡辺が「演出席で感動して何度も泣いた」という出来になった。


 草なぎは「情愛や家族のきずなという僕らが忘れてはいけない気持ちがたくさん含まれてる。名作の力の大きさを感じながら芝居してます」と熱演を宣言。だが演目とはうらはらに母の日は忘れていたそうで「(実の母と母役の大竹に)花でも贈りたい」と苦笑いしていた。10日から6月8日まで同所で。

 デイリースポーツ
創作者介紹

【ハルカナ約束★】

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()