ジャニーズの人気グループ「嵐」が、毎年恒例の日本テレビ・読売系「24時間テレビ31 愛は地球を救う」(8月30日放送)のメーンパーソナリティーに決まったことが1日、明らかになった。嵐はアテネ五輪が開催された04年にもパーソナリティーを務めており、北京五輪の今年は2度目の登板。メンバーの櫻井翔(26)は、同局の北京五輪のメーンキャスターにも決まっており、五輪のイヤーの夏は「嵐」一色で熱くなる。

 アテネに続き、五輪イヤーに合わせて「嵐」が24時間テレビで2度目の大役を務める。
 同番組で、2度目のメーンパーソナリティーを務めるのは、ジャニーズ勢としてもTOKIO(98、03年)、SMAP(95年、草ナギ剛と香取慎吾で05年)に次いで3組目。ただ、今回の大役には、五輪イヤーという点が大きく加味された。


 「幅広い世代に支持される最も熱いNo.1アイドル」という点で高い評価があったが、4年前の経験や成長を、汗と涙で体現することが“五輪イヤーの24時間テレビ”にピッタリという点が認められた。
 8月24日に北京五輪が閉幕して、番組は1週間後の30日から放送。熱狂の余韻を残した内容となる。テーマは「誓い~一番大切な約束~」。総合プロデューサーの藤井淳氏は「北京五輪に出場する選手も、日本人に“誓い”を遺(のこ)して旅立って行く。その1週間後に行われる番組では何かを誓う大切さ、尊さを考えたい」とコンセプトを説明する。

 メンバーの櫻井翔(26)は、同局の北京五輪のメーンキャスターも務める。2度目の大役には「再び戻ってこれて光栄。前回以上に熱い夏にしたい」と、五輪キャスターとの“連投”に気合十分。松本潤(24)は「4年前の24時間は人生で最も濃い1日だった。またあの感動を味わいたい」と意気込んでいた。

 また、総合司会は4年連続でフリーの徳光和夫、同局の西尾由佳理の両アナウンサーが務める。

 デイリースポーツ


創作者介紹

【ハルカナ約束★】

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()