KinKi Kidsの堂本光一(29)が主演した映画「銀幕版 スシ王子~ニューヨークへ行く~」(堤幸彦監督、現在公開中)のニューヨークプレミアが28日(日本時間29日)、アメリカ・ニューヨークのウォルター・リード・シアターで行われ、“スシプリンス”光一がニューヨークっ子の大歓迎を受けた。プレミア前は「笑ってもらえるのかどうか少し不安」と話していた光一だが、異国の地での温かい拍手に大感激だった。

 ニューヨーク映画祭でも使われる名門シアターの舞台に立った光一が「アイム スシプリンスです」と自己紹介すると、会場は笑いに包まれた。

 さらに「こんなにたくさんの方が足を運んでくださって、すごくビックリしました。コメディーです。とにかく笑っていただければ。とてもふざけている映画ですが、とてもまじめな日本人の心が詰まっているので、日本人の文化も伝わればなと思います」と語ると、満席250人の観客の温かい拍手に包まれた。


 当初は日米の笑いのツボの違いに「正直、笑ってもらえるのかどうか少し不安ではあります」と話していた光一だが、上映中も何度となく笑いが巻き起こり「面白かった。笑えた」と評判は上々。光一も「ウエルカムな空気を感じた。やはりエンターテインメントの生まれる町。温かく迎え入れてくれた」と笑顔を見せた。光一に対する評判も上々で、出席者からプレゼントが贈られるサプライズや「日本のアクターはいいね」の声も上がった。

 レセプションパーティーでは、現地のすし店「鬼が島」の職人が握りずしや巻物作りを実演、出席者にふるまわれた。「ベリーデリシャス」と大人気で、1時間で1600個が完食された。

 キャンペーンで日本全国を回った光一は、映画の舞台となったニューヨークでの締めくくりに「やることがかっこよすぎて…」と照れたが「次回作?流れに任せたい。もしそうなったなら堤監督についていきます」と意欲もチラリ。

 配給のワーナーブラザース映画では「ブームに火がつけばアメリカでの公開の可能性も」と話していた。

 デイリースポーツ
創作者介紹

【ハルカナ約束★】

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()