<第11回日刊スポーツ・ドラマグランプリ受賞者発表>

 2007年度(07年4月~08年3月)に放送されたドラマから優秀作品、優秀俳優を選ぶ「第11回日刊スポーツ・ドラマグランプリ」の各賞受賞者をきょうから発表します。トップバッターの主演男優賞は日本テレビ系「有閑倶楽部」のKAT-TUN赤西仁(23)が受賞した。半年間、米国留学で活動休止し、復帰後初めてのドラマ出演。主演の自覚よりも役柄同様、チームワークに徹した。

 06年10月から07年4月までロスへ留学。2年4カ月ぶりの連続ドラマで、初めて単独主演した。「主演を深く考えなかった。自覚もしてなかった」。だからぶっちぎりの1位も「ホントかよ、という感じ。みんなが楽しんでくれればいいなと思ってやってたから」と、実感がわかない様子だ。


 劇中で有閑倶楽部のメンバーに「オレたち、仲間じゃん」とつぶやくシーンがある。セリフだけではなかった。共演者同士で食事に行ったり、撮影中も率先して話しかけた。「6人のコミュニケーションが大事。普段しゃべるところから画面に出てしまう。ちゃんと(いい雰囲気が)出たと思います。そうでなければ、微妙な間は出なかったと思う」。

 仲間の大切さがテーマだった。「家族や友達に支えられていると思います」と自分を重ね合わせた。1人暮らしのロスでは、応援してくれる存在のありがたさを再認識した。「半年間なんで。でもやっぱり寂しいとは思いましたけど。メールや電話で仲間を実感しましたね」と振り返る。

 逆に所属するKAT―TUNには「仲間」と簡単にくくれないほどの深い思いがある。「それぞれ個人が好きなことをやっていて、ジャニーさん(ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏)がまとめる。みんなで一緒にというのは、逆にKAT―TUNじゃない気がする」。

 出演したいのは「スケール的には映画クラスの作品」。今、米ドラマ「ヒーローズ」にハマっている。映画館にも出掛ける。最近見たのは「アメリカン・ギャングスター」。好んで行くのもスケールが大きい作品らしい。ハリウッド進出について問うと「行きたいです、いつか。出られれば宝になる。規模が違うじゃないですか。この中からどう見えるのかなと思って」。

 ロス留学で変わったことは「具体的にはないです。僕的にはまったくブレはないですね」ときっぱり。「割と自分の感性を信じていますね。悩むことはありますよ。グリーンティーとウーロン茶、どっちにしようとか(笑い)。メニューとか小さいことで悩みます」。人間味あふれる感性の人である。【近藤由美子】

 ◆赤西仁(あかにし・じん)1984年(昭59)7月4日、東京都生まれ。98年にジャニーズ事務所入り。01年に亀梨和也、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一とKAT-TUNを結成。06年3月に「REAL FACE」でCDデビュー。05年日本テレビ系ドラマ「ごくせん」「anego」などに出演。178センチ。血液型O。

 ニッカンスポーツ・コム

創作者介紹

【ハルカナ約束★】

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()