映画「山桜」(篠原哲雄監督、5月31日公開)にW主演する女優の田中麗奈(27)と少年隊の東山紀之(41)が20日、山形県鶴岡市の庄内映画村で行われた「’08やまがた映画博」のオープニングセレモニーに特別ゲストとして登場し映画の完成報告を行った。

 作品は鶴岡市出身の作家、藤沢周平さんの短編小説が原作。江戸後期、再婚相手との生活に悩む磯村野江(田中)が、かつての縁談相手の武士、手塚弥一郎(東山)との再会を機に気持ちに変化が芽生える様子を北国の情景とともに描く。昨年春に庄内ロケを行った。


 時代劇初挑戦となった田中は「山形の自然の力を借りて、そのエネルギーのおかげで演じることができました。山形の皆さんが自慢できる映画になったら」と笑顔でアピール。

 また、劇中のセリフが少なく表情などで魅せた東山は「風景や人の心の美しさとか日本のよさを再発見できた作品。人生観が変わった。凛としたもの、誇りとか自己犠牲の精神とか先人が築きあげてきたものを改めて発見し、自分の生き様にも反映させたい」と熱く語った。この日から山形県内で順次先行上映が開始されたが、全国を“満開の桜”にしたい?と質問されると東山は「まさにその通り」とヒットを願った。

 サンケイスポーツ

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()