異例の5月12日スタートで、SMAPの木村拓哉が内閣総理大臣を演じるフジテレビ系の新“月9”ドラマ『CHANGE』の制作発表会見が9日(水)、都内で行われた。写真撮影では豪華出演者が赤い絨毯の上に勢揃いし、さながら新内閣のお披露目式のような演出。モーニングスーツで登場した木村は「イメージする政治家はいません。それよりも(木村演じる)朝倉啓太としての首相を演じたい」と独自の内閣を築くことを宣言した。

 今作は木村演じる政治にまったく興味の無い小学校教師・朝倉が、ひょんなことから政治の世界に引きずり込まれ、自身の思惑をよそに首相に任命されてしまうという物語。木村は「想像のつかない世界ですけど、敢えてその世界に飛び込んでみようと思った」と出演の経緯を説明。また、木村演じる朝倉をサポートする有能な秘書・美山役を演じる深津絵里も「全力で朝倉総理をお支えしたいです。月曜9時を毎週楽しみに待っていてくれるよう、スタッフの皆さんと共に夢を持って頑張りたいです」と笑顔で意気込んだ。


 総理大臣役に挑戦することが決まり、以前よりも政治に関心を持つようになったという木村は「貧困問題を取り上げたドキュメンタリー番組を観ていて、何で国は迅速に対応できないのかという思いを感じました」と自身の変化を明かし、さらに「政治的な繋がりというより、個人の繋がり…人と人との関係性を大事にしたい」と今作への想いを熱く語った。

 また、報道陣からイメージした政治家がいるのかと尋ねられた木村は「いえ、いません。番組などで小泉(純一郎元首相)さんなどにお会いしたこともあるんですが、凄く個性的でキャラクターも強い。でも、それを引用するのは失礼だし、ドラマの趣旨にも合わない。それよりも(自ら演じる)朝倉啓太としての首相を演じたい」と、あくまで“独自の内閣”を築いていくことを強調。さらに朝倉のような人物が実際に総理になったら? という質問には「うーん。分からないことを分からないと言える朝倉は非常に気持ちいいですけど、実際に(総理に)なったら危険かも」と笑いを振りまいていた。

 オリコン

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()