V6の三宅健(28)が5月19日から6月8日まで東京都新宿区の東京グローブ座で上演される舞台「第17捕虜収容所」(演出・鈴木裕美)に主演することが30日、分かった。

 米ブロードウェーのヒット作品で、ビリー・ワイルダー監督により映画化(1953年)もされた名作。第2次大戦中のドイツの第17捕虜収容所を舞台に人間模様を描く。同収容所である日、ドイツ軍に通じるスパイがいるとささやかれる。米国兵捕虜のセフトンは真っ先に嫌疑をかけられるが、孤立状態の中、ひとりでスパイ捜しを続け…。


 セフトン役に挑む三宅は、昨年の「殺人者」以来約1年ぶりの主演舞台で、「いまの世の中にも共通している、いろいろな人間関係が描かれていて、この点を大切に表現したい。セフトンの人間性を伝えられれば」と意気込んでいる。共演は田中幸太朗、おかやまはじめ、斎藤洋介、袴田吉彦ら。

サンケイスポーツ

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()