SMAP・香取慎吾(31)が主演し、24日に放送されたフジテレビ・関西系の“月9ドラマ”「薔薇のない花屋」の最終回が関東地区で22・1%の高視聴率を記録したことが25日、分かった。最終回としては1月クールの全ドラマ最高で、平均視聴率の18・8%もトップの数字をたたき出した。有終の美を飾った香取は、4月スタートの“月9”「CHANGE」に主演するSMAPの木村拓哉(35)へ最高の形でバトンを渡した。(数字はビデオリサーチ)

 これまで演じてきた元気な役柄から一転、人を信じ、深い愛で人を包み込む、もの静かな男の役を熱演した香取が、主演ドラマを最高の形で終えた。クール最高の視聴率をたたき出し、同じ月9枠の木村拓哉へ主演のバトンを渡した。


 香取の好演に加え、放送初回の1月14日を「ローズデー」と設定し、香取が番組ジャックしてPRに努め、さらにバッグブランドや花店とのコラボなど大キャンペーンを展開したことも話題となった。さらに野島伸司脚本らしく数々の謎がちりばめられ、竹内結子が目が見えないと偽った女性を演じるなど、謎めいたストーリーも魅力の一つに。

 結果、視聴率は初回に22・4%で好発進すると、高視聴率を連発し、最終回でも22・1%をマークした。最終回の瞬間最高視聴率では、香取が「それでも、人生は素晴らしい」とつぶやいた午後10時1分、26・3%にも達した。

 11回の平均視聴率は18・8%で今クールナンバーワン。香取は「たくさんの方に見ていただいて本当にうれしいです」と感激の面持ち。さらに「これから先、どんな困難に出合っても『それでも、人生は素晴らしい』と皆さんに思っていただけたらうれしいです」とあらためて視聴者にメッセージを送った。

 フジテレビには「号泣した」「再放送を」などの感想が数千件寄せられており、視聴者の興奮は収まりそうにない。そして、興奮冷めぬまま、4月からはSMAP・木村拓哉主演の月9ドラマが始まることになる。

 なお、関西地区の最終回視聴率は19・8%だった。

 デイリースポーツ

 好厲害的收視率阿!!!
 果然是SMAP~~!!

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()