人気グループ、SMAPが、最新曲「そのまま/White Message」で17日付のオリコンシングルチャート初登場1位を記録したことが10日、分かった。11・5万枚を売り上げ、9作連続での初登場1位となったが、これでSMAPは、史上初めてオリコンシングルランキングTOP10の主要4部門を制覇する快挙を達成。国民的アイドルが日本音楽史にまたもその名を刻むことになった。

 1991年のCDデビューからリリースしてきた42枚のすべてのシングルが、SMAPに新たな記録を呼び込んだ。デビュー曲「Can’t Stop!!-LOVING-」から最新曲「そのまま-」まで、シングル曲の主要4部門ランキングの頂点はすべてSMAPの名前で埋まった。


 4部門は、「通算TOP10獲得作品数」、「連続TOP10獲得作品数」、「デビューからの連続TOP10獲得数」、「連続TOP10獲得年数」。

 通算獲得数ではサザンオールスターズと、デビュー以来18年連続となった連続獲得年数ではB’zと並んでのトップ。ほか2部門では自身の記録を更新し、見事“グランドスラム”を達成した。
 主要4部門制覇は、40年3カ月のオリコン史上初の快挙となる。

 「そのまま-」は、稲垣吾郎主演のTBS系ドラマ「佐々木夫婦の仁義なき戦い」(日曜夜9・00)の主題歌。作詞・作曲を人気グループMONKEY MAJIKが担当した“言葉で愛を伝えられない男性から、女性へ贈るラブソング”で、愛を告げる直球の歌詞がそのまま書かれたジャケットも話題を呼んでいる。

 デイリースポーツ

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()