人気グループ・NEWSの山下智久が詐欺師を演じる映画『クロサギ』の初日舞台挨拶が8日(土)、都内で行われた。山下ら出演者たちが登壇するこの回のチケットは一般発売で即完売。また一部の座席(100席)については、混乱を避けるために事前にハガキによる抽選で観覧希望者を募集したが、これには1万通以上の応募が殺到した。山下は、超プレミアチケットを手にした幸運なファンたちで埋め尽くされた会場で「“騙されたと思って”観にきてくれてありがとう」と感激の面持ちで語り、観客とともに「毎度あり~っ」と絶叫してみせた。

 上映直後の会場に山下らが登場すると、観客のボルテージは一気に最高潮に。山下は開口一番「すごく感動しています」と語り、今作が映画初出演で初主演ということに「プレッシャーはすごくあったんだけど、ここに集まった人たちの顔を見てホッとしました。人生の2時間をこの作品のために費やしてくれてありがとう」と安堵の表情を浮かべた。


 共演陣も終始笑顔で作品に対しての自信をうかがわせた。山下演じる主人公・黒崎に惹かれる法学部の学生役を演じる堀北真希は「ドラマ時代から楽しく撮影してきた作品が、映画化となり、スクリーンでみることができ感動しています」とコメント。またライバル役の通称・シロサギを演じる竹中直人は「直ピーって呼んでくれ」と観客にアピール。そして山下に「本当に優しくしてくれてありがとう」と意味深な口調で語りかけていた。

 またこの日のイベントには作品の内容と公開初日の“3月8日”にちなんで、38億円分(目に見える部分以外の紙幣はダミー)のジェラルミンケースを抱えたガードマンたちが登場。物々しい雰囲気の中、司会者から「38億円あったら何に使いますか」と問われた出演者たちは「もう1本映画(『クロサギ』)を作る。オール海外ロケで」(山下)、「しばらく眺めていてあとは世界一周」(堀北)、「一面に敷いて寝てみたい」(哀川翔)、「(芸能界を)引退してどこかに行く」(飯島直子)とそれぞれの望みを明かした。

 そんな中、ひときわ高いテンションで野望を語ったのは竹中。「僕は山下くんの意見に賛成だなっ。『クロサギ』の新作に出たいよ」と語り、早くも続編を望むファンから拍手を浴びた竹中は、悦に入り満足げな表情を浮かべていた。

 オリコン

 大受好評呢~期待台灣上映捏:D

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()