嵐が5大ドーム公演を行うことが24日、分かった。5月の大阪(京セラドーム)を皮切りに、名古屋、東京、福岡、札幌の各ドーム球場で公演。合計10公演で44万人の観客を動員する。一昨年のアジア公演、昨年の東京、大阪の両ドーム公演と、着実に成功を積み上げながら、トップクラスの証明といえる5大ドーム公演までついに駆け上がった。

 来年デビュー10周年を迎える嵐が、前祝いにあたるタイミングで“頂点”に挑戦する。5大ドームツアー「ARASHI Marks 2008 Dream-A-live」は5月16日に大阪ドームで開幕。名古屋、東京、福岡と回り、7月6日の札幌で閉幕。各ドーム2公演の計10公演で、観客動員数は44万人に達する。


 06年に初海外公演のアジアツアーを台湾と韓国で成功させた。07年にその凱旋(がいせん)公演として東京と大阪で初ドーム公演。メンバー櫻井翔(26)は「アジア公演から5大ドームまでずっとつながっている感じ。ファンの方々に後押しされ、何もかも実現している」。相葉雅紀(25)も「大きな挑戦ですが、もちろん成功させるつもり」という。

 松本潤(24)によると公演名に「テーマは夢と現実の間。テレビなどに映る自分たちと素の僕らのすべてを表現するステージをつくる」と思いを込めた。「A」は嵐、A級の意味。公演をはじめ、ファンと時間を共有する機会を今後は「ARASHI Marks」と銘打ち、自分たちの支えにするつもりだ。

 最近の公演は幅広い世代が客席を埋めている。櫻井は「孫に連れられたおじいちゃんやおばあちゃん、娘さんと楽しむお父さんの姿が見えるとうれしくなる」。相葉は「アジアはもちろん、フランスやスイス、南米から来たとウチワに書いているお客さんもいる」と驚く。関係者は「ここ数年のチケット応募の勢いをみると、10公演では到底足りないが、スケジュールを考えるとこれが精いっぱい」と頭を悩ませる。ジャニーズではSMAP、KinKi Kidsに続く3組目の5大ドーム公演。嵐は国民的グループというポジションに向かって着実に前進している。

 日刊スポーツ
 
 哈ˇ那可以順便台北小巨蛋再來一次嗎?!
 (↑|希望拉)

 預祝ARASHI演唱會大成功!!



modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()