“隠れ大トリ”はSMAP! NHK紅白歌合戦の曲順が27日、同局で発表され、大トリに五木ひろし(59)、トリに石川さゆり(49)が決まった。五木が白組のトリを務めるのは3年ぶり13回目で白組最多(うち大トリは6回)。作詞家阿久悠さんの追悼企画として演出されるラスト4曲の最後を「契り」で飾る。

 これまでならそのまま勝敗を決して、「蛍の光」でお開きとなるが、「歌の力、歌の絆(きずな)」をテーマに掲げる今年は、全出場歌手の歌唱後に全員でSMAP「世界に一つだけの花」を合唱する演出が盛り込まれる。作詞・作曲した槙原敬之も出演していることもあり、音楽の教科書にも掲載されるなど、幅広い層に人気の同曲がSMAP、槙原を中心に歌われる予定だ。


 トップバッターは紅組のハロプロ10周年スペシャル隊が務めるほか、AKB48、リア・ディゾン、中川翔子のアキバ系が3人1組のメドレーショーとして演出される。司会の笑福亭鶴瓶と中居正広の掛け合いに重点を置くため「アキバ系の3人が続く部分や、TOKIOと浜崎あゆみさんの間に槙原敬之さんをはさむ部分など、紅白が交互にならない部分も多い」(三溝敬志チーフプロデューサー=CP)。中居正広との交際が発覚した倖田来未の曲紹介は「司会の中居さんがご紹介する」(同CP)という。あらゆる面でSMAPが注目される紅白になる。 

日刊スポーツ
創作者介紹

【ハルカナ約束★】

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()