来年3月に東京・帝国劇場での再演が決まっているミュージカル「DREAM BOYS」が、来年4月に大阪・梅田芸術劇場でも公演されることが決まり、20日、主演のKAT-TUN・亀梨和也(21)が作品にかける意気込みを語った。

 2004年に上演がスタートしてから、今年9月の公演で上演194回を数え、36万2433人を動員した人気作。ボクシング映画の主役の青年がさまざまな事件を乗り越えて、きずなや友情を確かめ合う物語。大阪での上演は2005年4月以来3年ぶりで、4月上旬から半月の公演になる予定だ。


 ボクシングチャンピオンの役は前回と同じくKAT-TUN・田中聖(22)が演じるが、MA・屋良朝幸(24)が演じた友人役は新たにHey!Say!BESTの5人の中から選ぶという。

 亀梨は「気合入れて、ひとつひとつのスキルアップを図りたい。舞台は普段経験できない空間。帝劇はKAT-TUNの原点みたいなところがあるし、自分の力を試す場。大阪でやれるのは新鮮」と笑顔でさらなるパワーアップと熱演を誓っていた。詳細は東宝HPで。

 デイリースポーツ

 KAME真的是很忙碌耶~!
 加油呀~!

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()