SMAPの香取慎吾、女優・竹内結子らが18日(火)、都内で行われたフジテレビ系“月9”ドラマ『薔薇のない花屋』の発表会見に登場。会見中に同ドラマとのコラボバックが発表されると、主演の香取が司会者そっちのけで「素敵な色ですね~。なんと柄はプリントなんです」と通販番組司会者ばりのトークを展開し、会場を盛り上げた。

 今作は野島伸司が脚本を手がけ、都会の片隅で小さな花屋を営みながらひとり娘を育てる男と、偶然店を通りかかった盲目の女性が繰り広げるヒューマンラブストーリー。悲しい過去を背負う主人公・英治を演じる香取は「僕と似ている部分がある。それは“サルでウキー!”とかやっていない、もうひとつの自分。心の中を見られるようで恥ずかしいけど、見てもらいたい気持ちもある」と明かしながらも、「でも撮影は・・・順調に遅れてます!」と告白する場面も見られた。

 盲目のヒロイン・美桜を演じる竹内は「撮影は遅れていますが、現場の待ち時間などで共演の皆さんと、どんどんチームワークが強まっていくのが分かります」と絶妙な合いの手を入れ、オンエア前に早くも名コンビぶりを披露した。

 会見では、初回放送日である1月14日(月)が「ROSE DAY」ということにちなんで、サマンサタバサとのコラボバックが発売されることや、“愛の薔薇大使”に選ばれた香取が当日に放送されるフジテレビ系の番組をジャックすることもあわせて発表された。香取はこのことについては事前に知らされておらず「ドラマの会見中で自分のスケジュールが分かったのって初めてですよ」と笑わせた。 

なお主題歌には山下達郎の新曲「ずっと一緒さ」(3月発売予定)が起用されることも決定。山下初となる“月9”主題歌は、自身がドラマのイメージに合わせて書き下ろしている。また本会見には、その他に釈由美子、松田翔太、寺島進、池内淳子、三浦友和、脚本家の野島伸司らも出席した。

オリコン

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()