V6の全国ツアーが岡田准一の27歳の誕生日にあたる18日、東京・代々木第1体育館公演で幕を閉じた。岡田は「ハッピーバースデー」の大合唱や巨大バースデーケーキによる祝福に「照れくさいけどすごくうれしい」。ドラマ共演した長瀬智也(29)櫻井翔(25)、合宿生活時代に同居した堂本剛(28)、主演ドラマ「SP」(フジテレビ、土曜午後11時10分)で共演中の堤真一(43)から届いたビデオレターが披露され、メンバー長野博(35)が岡田の母親を装ってつづった手紙の朗読など祝福演出が続いた。V6は結成13年目。グループ活動年数が人生の半分近くまで来た岡田は「本当に幸せ」と喜んだ。

 「SP」は高視聴率を獲得中。主演映画「陰日向に咲く」が来年1月に公開されるなど俳優として評価と期待は高まる一方だが、この日は苦い思い出を振り返った。デビュー直後、メンバー全員で共演したドラマ「Vの炎」の収録でスタッフからもっとも厳しく怒られていたのは岡田だった。リーダー坂本昌行(36)からは「とにかく声を大きく出せ」と初歩的なアドバイスもされたという。井ノ原快彦(31)から「それを考えたら急成長だよね」と言われた岡田は「みんなにいろいろ教えてもらって助かった」とあらためて感謝した。 
 日刊スポーツ

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()