人気グループ、V6の岡田准一(26)が29日、都内のホテルで行われたフジテレビ・関西系ドラマ「SP」(11月3日スタート 土曜、後11・10)の制作発表に出席し、2年半ぶりの連ドラ主演に意欲をのぞかせた。
 作品は、直木賞作家・金城一紀氏による書き下ろし脚本を、本広克行監督が6年ぶりにドラマ演出する話題作。SPと呼ばれる要人警護官の活躍を描き、岡田は特殊能力を持つSPを演じる。

 会見で岡田、堤真一(43)、真木よう子(25)ら出演者は、本物のボディーガードに守られ登場。常に離れない警護に岡田は「守られることがないのですごく緊張します」と苦笑い。

 TBS系「タイガー&ドラゴン」(05年4月)以来のドラマ主演では、右手人さし指をケガするほどの熱演も見せており、「この作品に賭けてます。『タイガー&ドラゴン』の時は『視聴率?関係ねーよ』って言ってたけど、今回は視聴率がほしいです。それほど力入れてます」と熱く語っていた。

 デイリースポーツ

modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()