米映画「スター・ウォーズ」の原点ともなった故黒澤明監督の名作「隠し砦の三悪人」が、50年ぶりに再映画化されることが28日、分かった。主人公を故三船敏郎が演じた戦国武将からオリジナルキャラの山の民に変更し、主演に嵐の松本潤(24)を起用。樋口真嗣監督(42)は「これまでの松本のイメージを覆す」といい、松本も「大きな作品に全身全霊をかけて挑戦したい」と新境地に挑む覚悟だ。来年5月10日公開。

 クールでスマートな王子様キャラの印象が強い松本が、いままでにない武骨でワイルドな役に挑戦する。


 「隠し砦-」は黒澤監督が昭和33年に発表した作品で、敗軍の侍大将・六郎太(三船)が、世継ぎの姫と軍資金を守りながら、途中で出会った農民2人とともに敵陣を突破していく物語。この農民をモデルにしたのが、今回の主人公、武蔵(たけぞう)だ。

 樋口監督は50年ぶりの再映画化にあたり、「観客の目線で見られる人物を主人公にできないか」と提案。黒澤プロの承諾を得て、登場人物の人間関係や舞台背景はそのままに、新たな作品として物語を変化させた。

 武蔵は決して強くはなく、ヒーローでもなく、でも地べたをはいつくばる生活から抜け出したいと思っており、六郎太が持つ軍資金に目がくらむ人間くさい男。そんな武蔵を描くにあたり、監督が目をつけたのが松本だ。

 松本といえば、TBS系「花より男子」でワガママな金持ちキャラを、4月放送の日本テレビ系「バンビ~ノ!」では一流の料理人を目指す熱い男を、1月には映画「僕は妹に恋をする」で銀幕初主演を飾るなど着実に演技の幅を広げているが、樋口監督は「彼にはまだ野性が潜んでいる」と分析。「これまでのイメージを覆したい。そこまで汚していいのか、というところまでやりますよ」とニヤリと笑う。

 初の時代劇に向けて、さっそく馬術の訓練に励んでいる松本は「オリジナル作品をごらんになった方も、お子さんやお孫さんと一緒に見られる、どの世代にも楽しめる作品になれば」と意欲を燃やしている。

 松本演じる“平成版・隠し砦”が、どんな物語になるか、注目だ。

 サンケイスポーツ

 嗯嗯,幾乎每年JUN都有新作品呢!!
 超人氣唷(轉圈圈)
 整個就是超期待的啦!!



modesu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()